「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」について

「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」は、2020年3月末日をもって先進医療という枠組みから外れ選定療養に位置付けられることになりました。

これに伴い多焦点レンズを用いた白内障手術は先進医療特約からは除外されることとなり、保険金の給付は受けられなくなります。

4月以降の手術については、詳細が確定しましたら、改めてご案内いたします。