王寺ステーション眼科
Oji Station Eye Clinic
日帰り白内障手術・まぶたの手術・緑内障など王寺ステーション眼科にご相談ください
厚生労働省認定 先進医療実施施設
ご予約・お問い合わせ 0745-72-1106

コンタクトレンズ

コンタクトレンズについて

ジョンソン&ジョンソン、ボシュロム、クーパービジョン、チバビジョン、シード社の2週間交換ソフトレンズ、1日使い捨てソフトレンズ、その他従来型のソフトレンズ、ハードレンズに加え、遠近両用、円錐角膜用、虹彩付などの特殊レンズも取り扱っております。

近年、コンタクトレンズによる眼障害が急増しております。
コンタクトレンズが原因で視力が低下することがあります。
また、コンタクトレンズが原因で目のかゆみ、目の腫れがおこることがあります。
放置しておくと恐ろしい状態になることもありますから定期的な検査が必要です。

使用される方が多い為、「手軽」に感じられる方も多いようですが、実際には、眼の形状や状態によってコンタクトレンズ装用の向き不向きがあります。

これからコンタクトレンズの購入を検討されている方は、必ず眼科での検査・診察を受け、コンタクトレンズ装用の向き不向きを確認して、あなたの目に合った最適なコンタクトレンズ処方をお受け下さい。

詳しくは、お気軽にお尋ねください。

眼鏡について

“眼鏡作りは医療”です

眼科の処方箋に基づき、お一人、お一人に合った眼鏡を提供します。
洗浄やメンテナンスも無料で行っております。 お気軽にお立ち寄り下さい。

ドクターチェックメガネの安心保証

安心1ドクターの処方箋に忠実な眼鏡をお作りします。

安心21年間無料保証でレンズの度数変化に対応します。

安心3ご注文の眼鏡の完成まで、お困りの方に代用品を貸出致します。

ご相談ください

  • 1.白内障手術後の眼鏡をお考えの方
  • 2.お子様の眼鏡作成をお考えの方
  • 3.その他見え方について相談されたい方

営業時間

クリニックの診療時間に準じます
午前 9:00~12:30 / 午後 15:00~18:30
※土曜日午後は14:00~17:00

眼鏡購入の補助制度

医療費控除

眼科医による治療の一環として装用する眼鏡およびコンタクトレンズは医療費控除の対象となっており、年度末の確定申告時に医療費控除を受けることができます。

対象となる疾患は以下のものに限られます 弱視 斜視 変性近視 白内障手術後 角膜炎 緑内障手術後 虹彩炎 
角膜外傷 視神経炎 網膜色素変性症 網脈絡膜炎

※通常の近視、遠視、乱視、老眼等の眼鏡は対象外です。

眼鏡で医療費控除を受けるには厚生省で指定した処方箋(眼科医が交付したもの)と
眼鏡店の領収書が必要になります。
眼鏡店に直接行って作ったものは控除の対象にはなりませんのでご注意ください。

以下の各項目の合計額のうち10万円を超えた金額が医療費控除の対象になります ・対象疾患をお持ちのご家族の全眼鏡代
 ・全治療費(眼科だけでなく他科の治療費を含めた合計) 
・病院や診療所に行くのにかかった交通費
 ・付添いの方の費用や交通費

小児弱視等の治療用眼鏡

9歳未満の小児の弱視、斜視および先天白内障術後の屈折矯正の治療用として用いる眼鏡(コンタクトレンズ)の作成費用は健康保険の適用となります。
詳しくはこちら http://www.jaco.or.jp/syoni/index.html

視覚障害者に対する眼鏡・コンタクトレンズ・遮光眼鏡(医療用)の給付制度

視覚障害の身体障害者手帳をお持ちの方は眼鏡・コンタクトレンズ・弱視鏡・ルーペ・遮光眼鏡などの補装具や、拡大読書機・活字読み上げ装置などの日常生活用具の費用が、市町村福祉事務所から給付される制度があります。詳しくは各市町村担当窓口にお問い合わせください。

診療時間

【診療受付時間について】

コンタクトレンズをご希望の方は、
受付終了1時間前までにお越し下さい。

眼鏡合わせや眼鏡チェックを希望される方
眼鏡合わせは原則予約制となります。
眼の状態により処方出来ない事もあります。
まずは医院にお越しください。

見え方に異常のある方は
精密検査が必要となるため、
受付終了1時間前までにお越し下さい。

メニュー

MENU