王寺ステーション眼科
Oji Station Eye Clinic
日帰り白内障手術・まぶたの手術・緑内障など王寺ステーション眼科にご相談ください
厚生労働省認定 先進医療実施施設
ご予約・お問い合わせ 0745-72-1106

網膜剥離

網膜剥離とは?

何らかの原因で網膜が下の組織からはなれてしまい、光の刺激を受け取れなくなってしまった状態です。網膜剥離は、裂孔原性網膜剥離と呼ばれる網膜に裂孔(裂け目)を伴うものが一般的です。

網膜剥離の症状

目の前に糸くずや虫のようなものが見える、いわゆる「飛蚊症(ひぶんしょう)」が、網膜剥離の最初の症状です。多くは生理的に生じるもので加齢によって生じます。
しかし、急に大きな影のようなものが見えるようになった場合には、網膜剥離が疑われ、注意が必要です。 また、硝子体が網膜前面から外れるときに、キラキラと光が見えるように感じる(光視症:こうししょう)のも、網膜剥離の前段階として特徴的な症状です。進行してくると、カーテンや幕がかかっているように見えるなど、視野の欠けを自覚します。

! 放置すると、進行して失明してしまうこともありますので、見え方の異常を感じたら、まずは眼科を受診し、正しい診断を受けることが大切です。

見え方のシミュレーション

正常 光視症 網膜剥離

網膜剥離の治療

【網膜光凝固術】

眼底の出血部やその周辺の血流の悪い部分にレーザーを当て、出血を止める治療で、前増殖期以上に対して行う治療です。外来で行うことができます。
糖尿病網膜症の基本で効果的な治療法です。
この治療で視力が回復するわけではなく、網膜症の進行を抑える為に行います。

網膜剥離の手術

網膜の中心部が剥がれているような網膜剥離の場合、レーザーでは治療はできません。
入院のうえ、手術加療が必要となります。

診療時間

【診療受付時間について】

コンタクトレンズをご希望の方は、
受付終了1時間前までにお越し下さい。

眼鏡合わせや眼鏡チェックを希望される方
眼鏡合わせは原則予約制となります。
眼の状態により処方出来ない事もあります。
まずは医院にお越しください。

見え方に異常のある方は
精密検査が必要となるため、
受付終了1時間前までにお越し下さい。

メニュー

MENU